オーリスタットは肥満治療薬として世界的に有名です。食事制限を一切することなく1年間のオーリスタット継続使用により大幅な体重減少が見込めます。いくら食べても太ることがないので、食べながら痩せることができるというわけです。

たくさんの薬
  • ホーム
  • オーリスタットが与える体の影響とは

オーリスタットが与える体の影響とは

カプセルのスプーン

オーリスタットを服用することで体にどのような影響を及ぼすのかと言えば、メインの作用としてはリパーゼの働きを抑制することです。
リパーゼは消化酵素ですので脂肪を分解する作用を持っています。
体内に入った脂肪はそのままでは大きい為にリパーゼが分解して小さくし、それから腸で吸収されます。
ところがオーリスタットにはリパーゼの働きを阻害する作用がある為に脂肪が分解され難くなります。
およそ3割の脂肪の分解が抑制され、分解されなかった脂肪はそのまま排出されるのです。
この作用をするのがオーリスタットの最大の特徴であり、吸収する脂肪を強制的に減らしてダイエットになります。
脂肪が未消化の状態になる為に下痢が起こってしまうことがあるのもひとつの影響でしょう。
消化されるはずの脂肪の一部がそのままの状態ですので下痢になってしまいます。

なお、脂肪が分解されずに下痢になるのはオーリスタットを飲んだ時だけではありません。
何らかの原因でリパーゼは減少することがありますので、その際にも下痢になってしまうことがあるのです。
その為、脂肪が分解されずに下痢になるのはそれほど異常な状態という訳でもないと言えます。

ビタミン類が不足しがちになってしまうのもオーリスタットによる影響のひとつです。
ビタミン類のA、D、E、Kが不足してしまいますので、それによって肌荒れだったり、免疫力の低下が起こる可能性があります。
特に肌荒れに関しては発生し易くなるとされていますが、しかしながら不足しているビタミンはサプリメントなどで補って対策することが可能です。
ただし、オーリスタットを飲む時間とずらさないと吸収量が減ってしまいますので注意しましょう。