オーリスタットは肥満治療薬として世界的に有名です。食事制限を一切することなく1年間のオーリスタット継続使用により大幅な体重減少が見込めます。いくら食べても太ることがないので、食べながら痩せることができるというわけです。

たくさんの薬
公開履歴
緑のカプセルと葉

オーリスタットは、スイスの製薬メーカーのロシュが販売するゼニカルやイギリスの製薬メーカーのグラクソ・スミスクラインが販売するアライなどの肥満治療薬の主成分として配合されており、肥満症以外にも高血圧や高脂血症、糖尿病の改善にも効果があるとされています。
又、摂取方法が、非常に簡単なので世界各国でダイエット薬としても用いられています。
オーリスタットの摂取方法としては、半減期が1時間~2時間なので食後1時間以内に摂取するだけで高いダイエット効果を示します。
GI tractに分類されるオーリスタットは、摂取後胃や腸などの内壁で代謝され、膵液や胃液などの消化液に含まれる脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する事で、飲食により摂取される脂肪の遊離を抑制し脂肪の吸収を約30%軽減する効果があります。

通常、飲食で摂取される脂肪は、分子量の小さな脂肪酸やモノグリセリドの集合体なので脂肪分解酵素で遊離されない限り、消化器官で吸収される事無く、そのまま便として排出されます。
この際に、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、K、βカロテンなどの栄養素も排出されてしまうので、オーリスタットの長期摂取時には、オーリスタット摂取後数時間あけて脂溶性ビタミンやマルチビタミンの補助剤を服用するのが望ましいとされています。
又、排便に多くの脂肪を含む為に、自己の意識で便意のコントロールが難しくなり肛門から油状の弁が漏れ出したりするトラブルも多々あります。
女性の摂取に関しては、放屁の臭気が強くなる恐れがあるので特に気をつける必要があります。

オーリスタットは、血漿タンパク結合率99%以上と高いのでバイオアベイラビリティが非常に低く、体内の主要な臓器で蓄積される事が無く安全性の高い医薬品とされています。
アメリカ食品医薬品局では、胎児危険度カテゴリーBの医薬品として認可されています。

記事一覧

ダイエットに成功するための基本は摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことです。 摂取カロリーは...

最近服がきつくなってきたり、鏡を見ておなかや太ももがたるんでいると感じたらダイエットをしたほうがいい...

オーリスタットは薬名ではなく、有効成分の名前です。 オーリスタットが含まれている医薬品は、ゼニカルと...

オーリスタットを服用することで体にどのような影響を及ぼすのかと言えば、メインの作用としてはリパーゼの...